留学メイン.gif

2006年09月02日

基本情報.gif

カナダ


カナダ地図.gif

首都


オンタリオ州オタワ

言語

英語とフランス語の2つが公用語として話されている。ケベック州ではフランス語が主に話され、交通標識は全州において英語・フランス語で記されている。

パスポート

パスポートの有効期限は、カナダ出国予定日+1日以上あることが必要。

大使館

〒107-8503
東京都港区赤坂7-3-38
TEL 03-5412-6200 /FAX 03-5412-6302

通貨

カナダドル $1=105円(2006年9月現在)

物価

日本より若干安めだが、都心部に行くとあまり変らないことも。また、州によっては15%近い消費税が掛かるところもあります。
コーヒー1杯2ドル、ランチメニュー6ドル、バス料金2〜4ドル、映画8ドル(火曜日は半額)ぐらい。

気候

広大な国土に応じて気候は様々。太平洋岸南部の夏は湿気が少なく過ごしやすく、冬も零下になることは殆どない。東部のトロントなどは、夏は湿気が多く暑い日が続くこともあり、夜になると冷え込むので注意が必要。また、東部の冬は雪深く寒い日が続く。

日本との時差

カナダは広大な国土を持っているため、太平洋岸、中央部、東部で時差が異なる。目安として、太平洋岸は-17時間(夏時間-16時間)、東部は-14時間(夏時間-13時間)

電話

公衆電話はテレフォンカードはなく、コイン形式・クレジットカード形式がメイン。国際電話をかける場合は、街中で売られているコーリングカード(暗証番号タイプ)を使用すると非常に安くかけられる(10ドルで11時間くらいかけられるものも)。家に電話回線を引いている場合、市内通話は無料。

インターネット

普及率は非常に高く、インターネットカフェや図書館で気軽に利用できる。インターネットカフェは約$4/時間で日本語の使用も可能だが、図書館では日本語不可のところが多く、1人30分までの時間制限がある。

日本からのフライト

バンクーバーへは成田、名古屋、関空から直行便が出ている。また、トロントへは成田からの直行便が出ているので比較的便利。福岡からだと台湾の経由便もある。その他、バンクーバーへの経由便は、シアトル、ロス、オーランド経由が、トロントへはミネアポリス、ニューヨーク経由などがあるので、たくさんの渡航方法がある。
posted by taka at 11:31| 基本情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。